0120-284-182

WEB予約はこちら

メディケア歯科クリニック

メディケア歯科クリニック

目次

 

 

メディケア歯科 茅ケ崎の
小児矯正Kids Ortho

小児矯正歯科

 

小児矯正について

小児矯正とは永久歯が生え揃う前や永久歯の歯並びを整えていくことです。

治療方法は2つあり、1期治療・2期治療と呼ばれます。

1期治療は永久歯が生え揃う前におこないます。

2期治療は永久歯が生え揃ってから行い、成人矯正治療と同じです。

 

小児矯正の重要性

矯正歯科

未来のお子様のために

矯正治療が必要だと感じていない親御さんが多く、放置されてしまうケースが多いです。  
大人になるともっとひどくなり、咬み合わせが悪いと様々なズレが生じてどんどん負の
連鎖となります。

また、歯並びが原因で笑顔を見せられないといった方々も多く見られます。
是非、お子様のうちに明るい将来を手にしませんか。

小児矯正をする意味

早期治療

小児矯正をする意味はなんと言っても早期治療だと言えます。

特に第1期治療は永久歯が生えそろう前や骨格の成長が終わる前に行うので早めに対処でき対処できるということでしょう。

骨格が完全に成長する前に行うと顎の大きさなど関係ないので無理にする必要もなく痛みも少ないでしょう。

歯の受け皿(顎が出ている)など激しい場合があった時には他に手術が必要で、受け皿を治さないといけない場合があります。

小児矯正歯科

拡大床

拡大床とは歯が綺麗に生えるためのスペースを作る装置です。

窮屈なスペースを広げるということです。例えば現代人にとって親知らずは顎が小さいので生えるスペースが無く親知らずが埋没してしまうという事例が多くなっています。

顎が小さいと生える綺麗に生え揃わずに窮屈な状態で生えることになり結果見た目が悪くなります。

小児矯正歯科

 

小児矯正をするメリット・デメリット

メリット

  • 歯が動きやすい
  • 顎のバランスを整えることが可能
  • 抜歯の可能性を抑えることができる
  • 適応が早い
  • 笑顔がよくなる。

デメリット

  • しっかりケアしないと虫歯になりやすい
  • 患者様の努力によって結果が変わる
  •   
  • 治療期間が長くなる場合もある
  • 保険適用が効かない

*健康保険は一部を除き対象外です。

当院の小児矯正の費用

精密検査3万
拡大床12万

小児矯正にて一部を除いて保険適用外になります。

保険が適用されるケースとは?

先天性の病気が原因で生じるかみ合わせの異常や、アゴの外科手術が必要となる顎変形症の手術前、手術後の矯正治療です。

高額で治療を断念している方もいらっしゃると思いますが、小児矯正治療は治療行為として認められているため、基本的には医療控除の対象となります。

小児矯正のよくある質問

小児矯正に関するご質問

虫歯にならないか心配..

放っておけば虫歯になる確率も高いです。(装置が入っていて装置と装置の間に食べかすが付着したり歯ブラシが通しづらいため)ですが装置も外すことができますのでしっかりとケアをするこができれば虫歯になる確率も少ないです。

子どもが痛がらないか心配

矯正中治療中は痛みを感じにくくなっています。

装着数日間は違和感はありますが、それほど痛いものではありません。

後戻りすることはあるんでしょうか

歯並びには必ず原因があります。食べ方や口呼吸や鼻呼吸、生活習慣など。

歯並びだけ治療してもその原因(習慣)次第では歯並びが元に戻る可能性があります。

まずはご相談ください

子供の時期に歯並びを治すことは、将来確実にプラスになります。また成長しきった後だと、長い治療期間や高い治療費などが発生するケースがほとんどです。

当院では、小児矯正12万円(精密検査3万円)の費用で治療が可能です。まずはお気軽にご相談ください。

ご相談ください